葬儀Q&A  よくいただくご質問とそれに対するお答え

事前相談とは
住み慣れたアパート・マンションからお葬式ができる?
お寺さんとの付き合いがないがどうしよう?
何を準備したらいいの?
費用が不安?など
できれば考えたくないことですが誰しもこれを考えなければならない時がきます。 高齢化社会の今、「死」に対する考え方も変化しています。事前に葬儀の内容や予算を決めておくことで精神的、経済的な安心が保たれてもしもの際には故人様の弔いに集中できます。より良いお葬式を執り行うために一級葬祭ディレクターがお答えいたします。
もしもの時に備えるとしたら

事前の準備と言うと不謹慎に思う方もいらっしゃると思いますが、もしもの時に動揺しないためにご家族が葬儀に備えて、心得ておく事とは

ご当家の宗教・宗派家紋などを確認しておきましょう。

お寺や神社、教会の名前や連絡先を調べておくことをお奨めいたします。

ご遺体の安置場所の確認

自宅に安置できるか、安置場所の確保が必要かを確認します。ご自宅に安置できない場合など安置場所を手配致しますのでご相談下さい。

ご遺影用の写真を探しておきましょう・・・葬儀の形式に関わらず必要です。

後々まで残ることを考えて。ご本人のお気に入りの写真があればご用意ください。

ご遺族、ご親族の名簿を作成しておきましょう。

住所録や年賀状を素に、お知らせをする方々の連絡先を記載した備忘録を作成しておくことをお奨めいたします。

交友関係を把握し一般弔問・会葬者数の予測をしておきましょう。

故人とご遺族(喪主やご兄弟)の交際範囲を合わせた数が一つの目安となります。

世話役を決めておきましょう。

ご親戚やお勤め先、また町内会などに役割を手分けしてご協力いただきましょう。

ご本人の意向を訊ねておくことも大切です。

残された遺族のことを思って、遺言される方もかなりおられます。 日常のコミュニケーションを密に図り、形式や内容を伺っておくと良いでしょう。

病院付きの葬儀社について

病院から、病院付きの葬儀社を勧められることがありますが、はっきりと「搬送のみ」と伝え、ご自宅にご安置してから落ち着いて判断された方がいいでしょう。

このページのトップに戻る

葬儀費用とは

森葬儀店では、お葬式費用を分かりやすい項目に分類し、ご納得のいく明瞭な価格を設定しています。 葬儀費用と一口に言っても、その項目はさまざまです。まず葬儀費用の中身を知り葬儀に何が必要なのか内容を見てみましょう。
下記の項目を確認いただけば、総額が見えやすくなり、葬儀費用についてご安心いただけることでしょう。葬儀に関わるそれぞれの費用の内訳を解説します。

葬儀基本費用   税込
祭壇
祭壇・枕飾り・白木位牌・受付用具・消耗品等 ¥216,000~
棺
お棺・布団等 ¥54,000~
遺影写真
遺影写真(カラー・白黒)
四つ切り・半切・全紙等
¥27,000~
ドライアイス
ドライアイス(一日分) ¥10,800
霊柩車
宮型車・洋型車各種ご要望に応じてございます ¥32,400~

+

オプション   税込
表飾り
大看板・屋形・提灯などの表飾りです ¥54,000~
返礼品
礼状(10枚より)
返礼品(お茶・ハンカチ・砂糖等)

@108
@540〜

料理
飲食費用 @1,080~
湯灌
ご遺体保全(湯灌) ¥54,000~
供花_供物
枕花・供花・供物・提灯等 ¥12,960~
マイクロバス
斎場送迎用マイクロバス ¥48,600
貸衣装
貸衣装・貸し布団等 ¥10,800~
火葬料
火葬場費用・火葬料金(名古屋市在住者の場合) ¥5,000

+

その他費用    
お布施
宗教者へのお礼  
香典返し
香典返し  

葬儀費用には、参列者の人数で変動する金額が含まれることを前提にしましょう。支払先も葬儀社だけではありません。それぞれの項目を具体的に検討することによって、葬儀費用の概算が見えてきます。
セット料金による誤解に注意。「葬儀総額○○万円」というようなセット料金の場合、手軽で明瞭な印象を受けますが、必ずしもその金額だけで収まるとは限りません。セットプランは例として葬儀社側が設定した内容ですから、実際の品質がお客様のご希望にそぐわない場合があります。また、場所や人数の変動による不足も生じやすく、追加料金が発生する場合があります。森葬儀店では、納得のいくプランを提案します。それぞれの葬儀のご希望に合わせて提案するため、必要不要が明確に判断できます。各項目に過不足のないように配慮し、葬儀費用の総額を明瞭に算出しています。
尚、事前に無料にて相談させていただく生前見積りをしております。ぜひこの機会にご相談下さい。ご予算が心配なときはお電話いただきご相談ください。ご希望にそえるようなご提案をいたします。
※価格については変動する場合がございます。

このページのトップに戻る

祭壇の種類は
森葬儀店では宗旨・宗派にあった祭壇を、おひとりお一人様のご要望を取り入れた各種祭壇をご用意させて頂きます。

白木祭壇

白木祭壇

アレンジ祭壇

アレンジ祭壇

生花祭壇

生花祭壇

無宗教で送りたいのですが

最近では、無宗教でお葬式を行う方が増えています。
無宗教の葬儀は自由な反面、ある程度の式次第や形を設定する必要性が生じます。ご家族の想いを元に組み立てを行い、様々なスタイルをご提案して決めていく流れが一般的です。例えば、故人の趣味や写真コーナーを作り、思い出の曲を流しながら故人を囲み会食をしていただいたり、音楽に重きを置き演奏者を用いるなど、森葬儀店では喪家様とのコミュニケーションを密にとり、ご要望にそった無宗教でのおわかれをとりおこないます。
ただし、菩提寺のある方は、後でお寺さんと気まずい思いをしないよう、あらかじめお寺さんにご相談をしておくことも大切です。

このページのトップに戻る

葬儀の流れ

お送りする「こころ」を大切に、
お葬式のプランから四十九日忌法要まで、
誠心誠意ゆき届いたお世話をさせていただきます。

ここで紹介するのは、一般的に行なわれているお葬式のながれですが、お葬式は葬祭儀礼文化として、地方ごとに様々な伝承・慣習のもとに施行されています。 その地方ならではの慣習や故人らしさを表現したお葬式の方法もありますので、詳しくは当社までご相談ください。 また、お葬式後においても、様々な手続きが必要となりますので、ご不明な点があれば何なりとお気軽に森葬儀店にご相談ください。

仏式の場合  
ご臨終 ご臨終
  • 森葬儀店への連絡0120-432-940
    24時間いつでも、寝台車でお迎にあがりますのでご安心下さい。
    ※病院で亡くなられた場合は、寝台自動車で搬送します
    ご自宅に安置できない場合は、安置場所を確保いたしますのでご相談下さい
  • 死亡診断書の受取り
  • 近親者への連絡
  • 寺院(神社・教会)への連絡
  • 枕飾りの準備・枕経
  • お葬式の日時・予算の決定
  • 喪主の決定・世話役の依頼
  • 町内役員・関係者への連絡
  • 火葬許可書の交付
お通夜 お通夜
  • ご納棺
  • 祭壇・式場の設営
  • 供花・供養品・礼状の確認
  • 弔問客の受付
  • お通夜(寺院読経)
    ※遺族・親族・弔問客の焼香
  • 喪主の挨拶・通夜ぶるまい
    ※近親者にて祭壇のローソク、 焼香を絶やさないようにします (夜中は電気ローソクを代用)
お葬儀・告別式 お葬儀・告別式
  • 会葬者の受付
  • 開式(寺院読経)
  • 会葬者の焼香
  • 弔辞・弔電
  • 遺族・親族の焼香
  • 閉式
  • 故人との最後のお別れ
ご出棺・火葬 ご出棺・火葬
  • ご出棺前に御礼挨拶
  • ご出棺(火葬場まで同行)
  • 埋火葬
  • 近親者による収骨
  • 式場後片付け
  • 中陰飾り(ご遺骨安置)
精進落し 精進落し
  • 精進落とし(仕上げ)の準備
    ※世話役・お手伝いの方に 対する慰労
  • 法要出席者へのご挨拶
  • 「繰り上げ初七日」 収骨後に「初七日」の法要を 営むことがあります
四十九日忌法要まで

四十九日忌法要まで

  • お葬儀でお世話になった方々に 御礼挨拶
  • 寺院と中陰法要・納骨等の 打ち合せ
  • 位牌・仏壇・仏具の準備と手配
  • 墓地・墓石の準備と手配
  • 忌明け挨拶状・香典返しの手配

このページのトップに戻る

お通夜・葬儀・法要での挨拶は
お通夜・葬儀・法要でのスピーチ例をご紹介します。 遺族、喪主の挨拶(遺族側)と、弔問者のお悔やみ、葬儀参列者のお悔やみの言葉、弔辞は、それぞれの立場で 話す内容が異なってきます。 忌み言葉(いみことば)にも気をつけましょう。
お通夜での挨拶
本日は、ご多用中にもかかわりませず、亡き○○の通夜に、ご弔問下さいまして、誠にありがとうございました。故人生前中は皆様に大変お世話になりました。 皆様においでいただき、故人もさぞ喜んでいることとと思います。 本日は、誠にありがとうございました。
葬儀・告別式での挨拶
本日は、ご多忙の中を長時間ご会葬いただき誠に有難うございました。 亡き○○も本日のご会葬、生前のご厚誼に対し感謝していることと思います これからも亡き○○生前同様のご厚情をお願いいたしまして、お礼の言葉にかえさせていただきます  ありがとうございました。
初七日法要での挨拶
本日は、長時間ご参列賜り誠にありがとうございました。皆様のご協力によりまして滞りなく葬儀、初七日法要を相営みましたこと深く感謝申し上げます。  この後、供養のしるしまでに祖飯を用意いたしておりますのでお召し上がり下さいます様お願い致します。  簡単ではございますが本日のご挨拶とさせていただきます。
忌明け法要での挨拶
本日はお忙しい中、○○の忌明け法要にお集まりいただき、誠にありがとうございました。只今は○○寺様のご住職様により、ありがたいお経をいただき、○○もさぞかし喜んでいることと思います。  これより、何もございませんが、お食事を召し上がっていただき○○の生前のお話などを聞かせていただきながら、どうぞごゆっくりとお過ごしくださいますよう、お願い致します。
お葬式後の手続き
滞りなくお葬式を終えた後も、様々な手続きやお礼挨拶回りなどがあり、忌明けまでは何かと忙しい日が続きます。
必要に応じてよく確認しておきましょう。
式後の主な手続き

掲載していないご質問がある場合

お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。
いただいた内容は、こちらのページで掲載させていただくこともございます。